相談事例Q&A

ご相談事例
Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別

お客様の声

預金の名義変更

預貯金の凍結

銀行などの金融機関は、預金口座の名義人の死亡を確認すると口座を凍結させて、勝手に払い戻しができないようにします。
故人名義の預貯金は、相続人の間で遺産分割協議がまとまる前に、相続人の誰かが預金を勝手に引き出すことが禁止されているためです。

凍結された預貯金の払い戻し申請について

遺産分割協議がまとまる前と後で、必要となる書類が異なります。

基本的には、凍結された口座は遺産分割協議がまとまった後に払い戻しの手続きを行う方が相続手続き全体を円滑に進められます。ですが、葬儀費用などでどうしても故人の預貯金が必要になるケースもあります。

預貯金の払い戻しに必要な書類

預貯金の払い戻しを申請するために必要となる主な書類は下記の通りです。

  遺産分割協議の 遺産分割協議の
金融機関所定の払い戻し請求書
相続人全員の印鑑証明書
各相続人の現在の戸籍謄本
被相続人の戸籍謄本
(出生から死亡までの全戸籍)

(出生から死亡までの全戸籍)
被相続人の預金通帳と届出印
遺産分割協議書 不要
(相続人全員が実印で押印)

※金融機関によっては用意する書類が異なる場合もありますので、申請前に金融機関に直接お問い合わせください。

 

※遺産分割の後の場合は、遺産の分割方法が「遺産分割協議に基づく場合」「調停・審判に基づく場合」 「遺言書に基づく場合」によって必要な書類が異りますのでご注意ください。

遺産分割前の預貯金の払い戻しは、相続手続きを複雑にしてしまうため、のちに相続人の間でトラブルになることがあります。やむを得ない場合を除いては、協議分割の完了後に払い戻しの申請を行うことをおすすめいたします。

ft_txt.png

フリーダイアル0120-256-771 平日9時から19時、土日祝10時から19時

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要
footer-ryoukin
  • 相続の流れ
  • 相続人調査
  • 相続方法(相続放棄)
  • 遺産分割協議書作成
  • 遺産分割の方法について
  • 名義変更(預金・不動産)
  • 相続税申告が必要な場合
  • 遺言書作成
  • 生前対策と老い支度
  • サポート料金
 トップに戻る

当相談所が選ばれる5つの理由

京都・大阪・滋賀での相続(相続手続き)や遺言に関する総合的なサポートなら司法書士法人F&Partnersにお任せください。京都・大阪・滋賀をはじめとした近畿圏において最大級の実績をもって運営しております。お客様が訪問しやすいオフィスにて無料相談をお気軽にご利用ください。
京都…京都市営地下鉄 東西線 烏丸御池駅より徒歩3分
滋賀…JR 草津駅より徒歩1分
大阪…地下鉄谷町線 谷町四丁目駅より徒歩1分

相続無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 相談事例について
  • 対応エリア
  • 京都・滋賀・大阪相続税申告相談所
  • 京都・滋賀・大阪 測量・調査・登記相談所
  • 一般社団法人近畿シルバーライフ協会
  • 京都で働く相続スタッフブログ

アクセス

  • 京都事務所
    烏丸御池駅 徒歩3分
    京都市中京区七観音町623番地第11 長谷ビル5階
  • 滋賀事務所
    草津駅 目の前(東口)
    草津市大路1丁目1番1号 エルティ932-1F
  • 大阪事務所
    谷町4丁目駅よりすぐ
    大阪市中央区内本町1丁目1番1号 OCTビル3F

関連リンク

  • 一般社団法人 全国シルバーライフ協会